黒子のバスケ LAST GAME

about

作品紹介

2009年から2014年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載され、コミックスは累計3000万部を突破した超人気バスケットボール漫画『黒子のバスケ』。2012年よりテレビアニメがスタートし、3期(全75話)に渡って放送されるほどの大ヒットを記録した。

2016年には劇場版プロジェクトが始動!まずはテレビシリーズで描かれたウインターカップの激闘を3本の総集編としてイベント上映。そして2017年春、遂に完全新作映画が公開される。

新作映画は、原作者・藤巻忠俊が続編として描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化。それだけに留まらず、原作者自らが映画の為に新エピソードを書き下ろし!完全版『EXTRA GAME』としてスクリーンに登場する!

INTRODUCTION

誠凛高校バスケ部に入部した黒子テツヤと火神大我。抜群のセンスを持つ火神に対し、黒子は誰もが驚くほど影が薄い存在だった。だが、黒子は強豪・帝光中学で「キセキの世代」と呼ばれた5人の天才と共に戦う“幻の6人目(シックスマン)”として活躍していた。“影”と“光”の名コンビとなった二人が主戦力となり、誠凛バスケ部はウインターカップ出場を果たす。そして「キセキの世代」との激戦の末、ついに全国制覇を成し遂げた。

黒子たちは2年生となり、夏のインターハイが終わるころ、アメリカから注目のストリートバスケットボールチーム「Jabberwock(ジャバウォック)」が来日した。しかし親善試合で彼らが見せたのは、圧倒的な実力で日本チームをねじ伏せ、日本のバスケを嘲笑う姿だった。その態度に激怒したリコの父・景虎は黒子と火神、そして「キセキの世代」を集め、Jabberwockにリベンジマッチを宣言する! 今回限りの最強ドリームチーム「VORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)」、ここに集結!!

STAFF & CAST

STAFF

原作
藤巻忠俊(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督
多田俊介
脚本
高木 登
キャラクターデザイン
菊地洋子
総作画監督
後藤隆幸、菊地洋子
美術監督
鈴木路恵
色彩設計
竹田由香
撮影監督
荒井栄児
CGIディレクター
磯部兼士
編集
植松淳一
音響監督
三間雅文
音楽
池 頼広
主題歌
「Glorious days」GRANRODEO
アニメーション制作
プロダクションI.G
配給
松竹
製作
劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

CAST

黒子テツヤ
小野賢章
火神大我
小野友樹
赤司征十郎
神谷浩史
青峰大輝
諏訪部順一
緑間真太郎
小野大輔
黄瀬涼太
木村良平
紫原 敦
鈴村健一
ナッシュ・ゴールド・Jr.
緑川 光
ジェイソン・シルバー
稲田 徹